相続税とはどのような税金なのか

税理士相談

相続税とはなにか?

日本は世界屈指の税金大国なので、ありとあらゆるものに税金がかけられているのですが、その中の1つに相続税と呼ばれている税金があります。この相続税というのはどのような税金なのでしょうか。簡単に言えば遺産相続をしたときに支払うべき税金なのですが、亡くなった人の財産を受け継ぐことを遺産相続と言います。通常は自分の親の遺産を子供たちが受け継ぐことなのですが、必ずしもそうとは限りません。

場合によっては子供の遺産を親が引き継ぐこともありますし、兄弟の遺産を引き継ぐこともあるでしょう。すでに子供が亡くなっている場合には、孫が引き継ぐこともあるのですが、誰が引き継いでも遺産相続扱いになるので、相続税がかかってしまうのです。ただし、相続する財産が少ない場合には、相続税が免除されることになっています。免除される金額は、政治家によってどんどん引き下げられているので、今までは無税だったのに、これからは相続税を支払う必要が出てくることもあります。

相続税は何故かかるのか?

何で身内の財産まで税金を取るのかというと、遺産相続で得た物は不労所得に分類されること、少数の人が多額の財産を得られるということから、相続税という税金をかけたと言われています。しかも税金というのは強制徴収になっているので、自己破産をしても免除されることはありませんし、被相続人が亡くなったときから10ヵ月以内には必ず支払わなければいけません。たとえ遺産の分配が決まっていなくても、支払うように言われます。

遺産相続というのは滅多に行うことではないので、どのように手続きをすればよいのか、相続税がいくらぐらいになるのかというのはわからない人が多いでしょう。だからこそ相続税に関しては、相続税税理士相談をする人が多いですし、中には申告書の作成を税理士に依頼する人もいるのです。ちなみに生前贈与を行うと、相続税ではなく贈与税という扱いになり、税率もかなり変わってくるので、このような点もよく税理士と話し合うべきでしょう。

どんな対策をするか?

相続税対策ときいてお金をどこかに埋めたり金塊にするとかイメージが湧く人もいるかもしれません。実際メジャーなのは不動産、土地、マンションや保険などですが、生前贈与などもありますね。生前に愛する人へしっかり大事なものを渡しておくことで税金を安くするわけですが、素人考えでやると失敗する場合も多々あります。また会社を設立するというのもありますね。これも素人考えでやると失敗しがちです。

節税対策はほんとに数多く色んな物がありますが、有識者が入らない場合は失敗に終わることが多いですよ。ほんとに。まずは一度電話でネットのお問い合わせコーナーからかけてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加