遺言書は遺産相続争いを減らすことができる

遺産相続は家族同士で争いを起こしてしまうことが多いのですが、争いを起こさないようにする対策として最も有効的なのが遺言書です。ただし、遺言書があるからと言って、必ずしも争いが起こらないとは限りませんが、何もないよりは遥かにましです。争いが起きないようにするためには、遺言書を作成するときに、被相続人だけで作成するのではなく、相続の権利がある人を集めて、全員で話し合いをしながら作成することを法律事務所でもおすすめしております。

中には遺言書の書き方がわからないという人もいるでしょうが、法律事務所では遺言書の書き方から保管方法までしっかりとアドバイスしているので、気軽に相談して頂ければと思います。遺言書の作成方法がわからない、遺言書を書いたらどうすればよいのかという相談をされる方がおられますが、誰でもわかるように丁寧な説明を行い、納得がいくまで解説をさせて頂いております。

遺言書を家族で作成することもおすすめしているのですが、いざ遺産相続を行うときに、争いもなく穏便にスムーズに進めることができたとお礼を頂いたこともありました。遺産相続をするときには、争いごとに時間を取られていると、他の手続きが大幅に遅れてしまうことになります。よって法律事務所では、できる限り争いが怒らないようにアドバイスをすると共に、手続きの方法などさまざまな相談を受け付け、安心して相続ができるように努めております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加