死亡後にしなければいけない手続きとは?

家族が死亡すると死亡後に手続きをしなければいけないことがいくつかあります。葬祭費や埋葬料などの支給の手続きもしなければなりませんし、故人のサービス解約や死亡手続などもあります。ここでは故人が死亡した後に手続しなければならないことを紹介していきましょう。

【死亡後に手続することって何があるの?】

具体的にはインターネットサービスの解約、銀行の預金口座解約、死亡届の提出、生命保険金の請求などがあります。このような手続きはそれぞれ死亡してからいつまでに行わなければならないという期限が決まっているので、きちんと判別しておく必要があります。銀行口座の預金口座解約に関してはついつい後回しになってしまうのですが、死亡と同時に銀行に届け出ておくのがよいでしょう。貯金を凍結するようにします。貯金を凍結しておかなければ後で発生する財産分与に関わってきますので注意が必要です。資産が大きい場合、税務署が絡んだ問題になります。

【死亡後の手続きの期限はどれくらいなの?!】

まずは遺言書の検認はできるだけ早急に行います。さらに死亡届は死後7日以内、死体仮装、埋葬許可申請も死後7日以内に行わなければなりません。年金受給停止の手続は死後7日以内、介護保険資格喪失届は死後14日以内です。さらに世帯主の変更届、住民票の抹消届も死後14日以内に行わなければならず、雇用保険受給資格者証の返還は死亡から1ヶ月以内になります。その他大切な手続きとしては相続の放棄は死亡後3ヶ月以内、相続税の申告、納税は死亡から4ヶ月以内と定められています。生命保険金の請求も2年以内に行うようにしましょう。

残された遺族がしなければならないものは非常にたくさんあります。故人が残したものを整理する必要もあり、物理的な処理は業者を雇って片付けるという人も多く出てきています。死亡後の手続は死亡してから2週間後が多いのでこの時期までにはきちんと手続きをしておく必要があります。少しでも効率よく事務手続きが終わるように工夫する必要があるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加