遺産分割協議書は弁護士依頼が確実

遺産相続をする場合には遺産分割協議書が必要になるのですが、実は遺産分割協議書を作成するときには、このように作成しなければいけないという決まりを設けてはいません。しかし、弁護士に依頼しないで作成すると、遺産の書洩らしが発生する場合もありますし、よくわからない内容になる可能性もあるので、やはり弁護士に相談をするべきです。遺産分割協議書の作成について多くの相談が寄せられております。

インターネット上には、遺産分割協議書のひな形も存在していますし、どのように書くのかという説明もあるので、中には自分達で作成しようと考える人もいるでしょう。しかし、ミスが発覚した場合には、また作り直さなければいけなくなりますし、必ず書き加えなければいけない内容も存在しています。特に決まりが設けられていないとは言っても、必ず遺産相続の時には作成しなければいけない書類なので、できる限り弁護士に依頼するべきでしょう。

法律事務所でも遺産分割協議書についての相談や作成依頼を受け付けておりますので、依頼して頂ければ丁寧に説明させていただきます。インターネット上の情報はもう古くなっている可能性もありますし、中には間違った情報が載っている可能性もあるので、最も確実にミスなく作成する場合には、弁護士に依頼するのが最良の方法でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加